ニートぴよぴよの負け組から脱却したい日記

負け組から脱却したい人は僕と一緒に頑張りましょう!主に仮想通貨初心者向けの記事を書いてますが、ちょっとづつレベル上げて、株等のほかの投資のことも書いていきたいと思います。1000万円を元手に負け組から脱出できるかを見届けて下さい。現在元本700万→評価額約300万てへぺろ。買い増し地獄。

今更聞くに聞けないビットコイン?仮想通貨って?

f:id:ethpermil:20180806004655j:plain

さて暗号通貨に投資したほうがいいという理由を言う前にまず、暗号通貨の成り立ちから説明しなければいけません。

 

そもそも暗号通貨(仮想通貨)とは何か?

 

仮想通貨の定義は英語でvirtul currencyと言いデジタル通貨の総称です。

ビットコインに代表される暗号学に基づくブロックチェーン(分散台帳、分散コンピュータ)技術によって生み出された我々の認識している「仮想通貨」と呼ばれるものは特に暗号通貨と呼ぶほうが正しいでしょう。(イメージ的にもいいw)

 

そもそもの始まりであるビットコインの誕生から話していきます。

 

ビットコインの誕生~

 

2008年、サトシナカモトと名乗る人物がインタネットに投稿した論文を元に開発されたといわれています。サトシナカモトの正体はわかっていません。

まあ諸説あるのでこのへんは気にしなくていいです。

 

その思想を要約すると「現法定通貨への疑問」、「管理者のいない分散された信頼性のあるP2P取引」です。

どういうことかと言うと、現在の法定通貨は、日本紙幣で言えば日銀、米ドル紙幣で言えばFRBが発行元であり、その発行枚数は無制限(しないけれども、しようと思えば好きなだけ刷れる)であり、価値の裏付けが国への信頼性のみで成り立っております。

国という管理者がいて(中央集権)、法律に縛られ使い勝手の悪い法定通貨の代わりに、誰が管理するわけでもない分散処理された(非中央集権)、改竄不可能な新しい通貨を俺たちで作り上げようじゃないかと立ち上がった、匿名の開発集団により誕生したのがビットコインです。

 

ビットコインの特徴

通貨単位:bitcoin、BTC

発行枚数上限:2100万枚

承認形式:proof of work

 

ビットコインは誕生した瞬間から一定のルールに従って、通貨の新規発行をしており、発行枚数上限は2100万枚と決まっています。

そしてそれは例え開発者であっても変えることのできない絶対のルールなのです。

取引の処理をトランザクションといい、トランザクションの詰まったブロックが一定時間毎に生成されます。(ビットコインの場合約10分)

このブロックを承認する作業をマイニングといい、承認されたブロックからブロックをチェーンでつないでいくように連続して記録していくためブロックチェ―ンと呼ばれるわけですね。

一度承認されたブロックを改竄する術はなく、信頼性のある取引ができるというわけです。

マイニングについて話だすと長くなるのでまた後日…

 

さて、このような仕組みで成り立っているビットコインですが、はじめは何の価値もありませんでした。

ネットオタク間でちょっとしたゲームで簡単に50ビットを手に入れれたり、有名なピザ2枚をビットコイン1万枚で購入した話がありますね。(今では考えられんww)

言うなれば子供銀行券みたいな扱いだったビットコインは、その価値に気づき、値をつりあげようとした集団により急速に価値を持ちだし、知名度を得ていくことになります。

 

そして今では世界的に認知され、高額で取引されることとなりました。

その単価は約90万円、時価総額にして約15兆円です。(2008年7月現在)

 

さて、このように既存の法定通貨よりも価値のある信頼性の高い通貨目指してきたビットコインですが、トランザクション処理能力の遅さや応用範囲の狭さが欠点としてあげられます。

価値保存の手段としてすぐれていても、使い勝手をもっとよくしたい、そう思うのが人間です。

 

イーサリアムの台頭、暗号通貨の飛躍~

 

イーサリアムとは2013年にヴィタリック・ブテリンという若い天才プログラマによって提唱された構想を研究し開発し、2015年にβ版がリリースされたオープンソースソフトウェアです。

その構想というのはビットコインのようなブロックチェーンシステム上でアプリケーションを作りやすくするための汎用的なスクリプティング言語を採用しようというものでした。

ビットコインがお金の取引を目的としていたのに対し、イーサリアムは分散型アプリケーション(Dapps)開発のプラットフォームを目指したのです。

 

イーサリアムの特徴

通貨単位:Ether(イーサー)

発行枚数上限:なし(上限設定提唱あり)

承認形式:proof of work(proof of stake移行予定)

 

イーサリアムの最大の特徴といえばスマートコントラクトでしょう。

スマートコントラクトとは第三者を介さずに信用が担保された取引が可能なコンピュータープロトコルのことです。

つまり、管理者不在での安全安心な契約、履行、取引が可能になるということです。

 

この画期的な構想により、イーサリアムはBitcoin2.0(次世代のビットコインという意味)と呼ばれその後のブロックチェーン開発発展の大きな礎となりました。

 

イーサリアムを動かすための使用料が通貨Etherというわけですね。

単価は約5万円、時価総額ビットコインに次ぐ第二位の約5兆円です。(2008年7月現在)

 

今、多種多様な暗号通貨(数千種類)が生み出されて、知名度が上がったのはひとえにイーサリアムのおかげといえるでしょう。

 

 

このようにビットコインの誕生から始まり、イーサリアムにより飛躍的にその応用性を広げたブロックチェーン技術の背景をおわかりいただけたでしょうか。

 

次回から、ではなぜ暗号通貨に投資するのがいいのか、するとしたらどの銘柄がいいのかなど書いていきたいと思います。

 

バイチャ(。・ω・)ノ゙♪

入門書として超おすすめ↓